「高校生対象の現場体験学習」同行レポート

9月1日に、大分県建設技術センター主催の「高校生向け現場体験学習 屋内スポーツ施設(以下屋スポ)事業概要説明会」が実施され、大分県日田林工高等学校の40名の皆さんが屋スポの現場を見学されました。

大分県より、屋スポの施設概要や建設に至った背景・経緯について説明がありました。続いてフジタ・末宗組特定建設企業体の彭城監理技術者より、一日の仕事の流れを、現場写真を交えながら、作業員の皆さんが安全第一で、互いに協力しながら作業を進められている様子についての説明がありました。最後に学生さんの質問に大分県がわかりやすく答えられ、皆さんもメモを取りながら真剣に聴き入っておられました

その後は、4人1組のグループごとに1名の現場スタッフを交えてのランチミーティングです。スタッフ自身がこれまでのキャリアや、今担っている仕事について質問を受けたり、また建設業界の現状や未来について語ったり、高校生の今後の進路や夢について相談に乗ったり…と、各テーブルでそれぞれの会話に花を咲かせていました。将来土木建築業界の未来を担う若者たちがとてもまぶしく、頼もしかったです!